2017年1月14日土曜日

前十字靭帯損傷後のリハビリテーション

先日、ACL再建(BTB)と外側半月板縫合オペ後、退院して約2週間の選手がリハビリでアークスに来られました。

来られた時は患側に荷重することが不安でできるだけ体重をかけないようにしていたとのことで、両足のカーフレイズでもほとんど健側に荷重して行っていたそうです。

「とにかく不安、怖い」と言っていました。


“関節に対する不安感”

というのは、出力されるべき筋肉が十分な出力をせず、関節の固定力をあげていけないときに感じることが多いと経験上思っています。

出力が低下している筋肉を探っていくと
明らかに下肢の前も後ろも力が入らず筋のテンションが低い、たるんたるん。


沢山のことをやったので書ききれませんが、とりあえず大雑把には、力が入らないのは怪我や手術のせいだけではない可能性があるので、少し浮腫んでいたのもあって腸骨筋と大腰筋にアプローチをして四頭筋の力がかなり戻り、後面は、臀部もハムも下腿も力が抜けていたので、腰椎の変位を確認、それらに関連する筋にアプローチ、ついでにおかしな部位には出力できるようにしました。
外側腓腹筋と長腓骨筋あたりに徒手抵抗をかけると、腕では押し返せないほど力が入っていたので、立ち上がってもらって、

「どんな感じ?」

と聞いたら動画のようなことに!


video

まだ途中でしたので、まっすぐ上がっておりませんが、痛みが出ていたときに、回避しようとして意図的につけた歩行の癖だったようで、機能的には十分な出力があると判断したのでこの後歩行で真っ直ぐ押すよう指示を出すと出来てました。

最後の確認の歩行では、「歩いてるだけじゃどっちがオペした側なのかホンマにわからないっす」と言われていたのが印象的でした(^ ^)

筋や関節の状態がその動作に十分な機能を満たしてさえいれば違和感がほとんど無くなるということですかね。

また、勉強になりました。


~宣伝~
まずはお試し【体験パーソナルトレーニング】
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html

受講者(トレーナー、柔道整復師、鍼灸師など)から好評の【指導者向けパーソナルトレーニング】
http://arcxpl.blogspot.jp/2015/12/5_25.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
兵庫県宝塚市のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年1月5日木曜日

2/19(日) 第5回アスレティックリハビリテーションセミナー 【大阪開催】

こんにちは。

川上喬也です。

本日はセミナーのご案内です!!



【日時】
2/19(土)19:1521:45


【場所】
ココプラザ406


【講師】
合同会社ArcX
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也



【タイトル・内容】
『復帰期のアスレティックリハビリテーションプログラムの組み方 ~コンタクトスポーツ編~ 』
スポーツをしている選手にとって患部のみのリハビリテーションだけでは万全な状態でスポーツ復帰をすることは難しく、競技特性を考慮し患部外トレーニングも段階的に進め、理想としては受傷前より身体能力を高めて復帰を目指すアスレティックリハビリテーション(以下、アスリハ)が必要不可欠です。

競技レベルが高ければ高いほど復帰期ではアスリハプログラムを行いながら練習に部分的に参加することになり、より高い負荷で量も増えることになります。この中で負荷のバランスを取りながら進めていくわけですが、その競技でかかるあらゆる負荷をアスリハプログラムでも行う必要があると考えています。「あらゆる負荷」とは一般的なものを除くと、回転(回旋)による負荷、摩擦での負荷、多数の外部からの負荷、戦術などによる情報への負荷です。
これらはゴール設定や段階的負荷設定、リスク管理などと同等の重要度であると考えており、これらがなぜ必要なのか、どのようにプログラムに組み込む必要があるのか、そこでのリスクなどを野球、サッカー、アメフトを例に実技も交えて解説していきます。


【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方


【料金】
学生:4000円
一般:6000円
※途中参加、途中退室も可。
※実技も行いますので動きやすい服装でお越しください。


【定員】
15名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。




~宣伝~


まずはお試し 体験パーソナルトレーニング


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////





にほんブログ村

2016年12月16日金曜日

物事を論理的に考えるために。

こんばんは。
辻本薫広です。
先日、フェイスブックでも話題になっていました画像です。球体がA~Eまでの人で誰に一番に当たるか、というものでした。(~診断だったので少し違うのですが)





この絵を見て、最初に怪我をするのがAのパターン、BのパターンとEまで全てにいろいろな可能性があるので、ちょっとやんちゃするものから、条件がどうなれば~、ときっちりと物理的に説明していきたいと思います。

なんとなくこうなりそうというものを一度じっくりと考えてみたり。

この写真を使われていた記事の結果の話は正直全く興味が持てないのでスルー(笑)


下に目盛りがあるので、それを使ったり、シーソーの形や、摩擦係数、反発係数、固定力、石を転がす速度などなど条件が変われば全ての人に可能性があるわけで、説明するとしたらどうなるか?


物理的にとか論理的に考えたいと思うのであればなかなかいい教材になるんじゃないでしょうか。

ヒトの体をみるときに、固定観念に囚われて視野が狭くなるのはこういうことをしていないからじゃないでしょうか?

どうやって勉強しているんですか?と本当に良く聞かれますので、こういうのも一つの解ですと。

考えられることは膨大だと思いますが、例えばAの人が最初に怪我をする場合、石を左向きに転がすというのも考えられます、そして指が挟まれたとかですね。

外部から転がすのも一つですが、A自身が左向き、つまり手前に転がすとすると、何を考える必要が出てくるでしょうか。

ものを使わないのであれば、転がりにかかる抵抗を超えられる、石と手の摩擦、もしくは、石の一番高いところを超えてその奥に手を置けるのであれば摩擦以外にも力が使えますね、詳細はここでは割愛しますが、さらに石の表面が凸凹しているのであればひっかけることができ、少し力を強くかけやすくなりますが同時に地面と石が接している形状によって転がりの抵抗はかなり変化しますね。

絵を見る限り、石の頂点を超えて手を奥に置く時、Aさん自身の重心はどこになるのか気になりますが。
足をついたまま、石を手前に転がすことができるのか、あるいは石に乗ってから左に体重をかけて転がすしかないのか、微妙なサイズですね。

どちらにせよ、手を伸ばして奥にかけなければならないかどうかは、石の重量と表面の形状や材質、状態による手との摩擦係数や凹凸によるひっかかり、転がり抵抗などの条件により変わります。
もちろん足を下に着いた状態で、手を奥に置いた時の重心が、足先から何センチ後ろにあるのかなどによりその状態で石を左に転がす力をどの程度かけられるかが決まります。

石と手の摩擦は手を石に押し付ける力でも変わり、摩擦をあげようとすると、重心がよりつま先側に、移動するので、転がり抵抗との関連が少し具体的に見えてより現実の条件が決まった時にどんな状態になる可能性があるか考えやすくなります。

例えばこの絵を見るだけでは、石が球なのか、円盤型なのかわかりませんね。
そこで、石の重量により条件が変わりうる可能性とその他の条件との関わりを的確に捉えておけば、どんな場合にも考えの範疇におさまります。
いやおさめることができるはずです。
頭の中で考える際には自身で考えられる限界まで考えれば良いのですが、出だしの一歩はこんな感じというニュアンス。

こうやってアバウトにですが全体像を捉える練習をしてから細部に入ること。
でなければ、細部の細かい話は役に立ちません。

Aの人が自身で左に転がしたら~という考え方の初めなので、これにプラスαやAの他のパターンと、それを、Eの人まで頑張れたら素敵。

毎日いろんなことに対してこうやって思考し続けて生きているから今ここにこの変な辻本薫広があります。


あくまで主にですが、
行動で変わるのは環境。
思考で変わるのは自分自身。

行動はあくまでオプション。
絶対的能力は思考で身につけるもの。
自身の力で自身の全ての世界を変えうる力。
それが思考力。

環境に依存しない成長を確立できた時が能力的自立なのかなぁと考えたりします。
依存率高すぎじゃねーかとか思いながら、いやハードルが高すぎんのかとか思いながら、答えはなし。

それはさておき、これらはヒトをみる際に必要な能力そのものだと思います。治療もリハビリもトレーニングもなんなら栄養についても考え方はそんなに変わらない気がします。


皆様も是非考えてみてください。



~宣伝~
まずはお試し 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////