2017年4月13日木曜日

腸内細菌、腸内フローラって?③  

こんにちは!
川上喬也です。

だいぶ日が経ちましたが腸内細菌についての三回目の記事です。


1回目はこちら↓ 腸内細菌、腸内フローラとは?
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/01/5_13.html

2回目はこちら↓ 腸内細菌、腸内フローラはどういった働きをしているのか?
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/01/blog-post_25.html



私たちが健康でいられる要因の一つに腸内細菌の働きがあります。それは栄養素を生み出したり、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、日和見菌も影響を受けながら腸内フローラが一定のバランスを維持しているなどがあります。

今回は、後者の「身体に有害な腸内細菌(いわゆる悪玉菌)が増えたときにどうなるのか?」というお話をしていきたいと思います。

いきなり話は脱線します()

肌にいるアクネ菌はご存知ですか?誰の肌にもいて、ニキビに関係する菌ですね。アクネ菌は毛穴の中に住み着いている菌で、皮脂をエサとしています。食生活やストレスなどで皮脂分泌が増えるとアクネ菌も毛穴の中で増え、ニキビができやすい状態となるのです。だから、そのアクネ菌を退治するためにいろいろと販売されています。完全に悪者扱いですよね()余程ひどいものを除いては、食生活を良い方向に修正すれば改善したりもします。

しかし、アクネ菌にも良い面はあります。皮脂がエサなので、それを食べて(分解して)グリセリンと脂肪酸にしてくれます。この2つは、皮脂膜の成分になり、簡単に言うと肌を保湿してくれる役割になります。

初めに脱線したのが、この悪者と思われているような菌も、環境が変わったり、知る側の知識がつけば悪者でなくなるというのをお伝えしたかったからです。善玉菌、悪玉菌というのも、人が勝手に決めただけなのです。それを念頭において、本題を読んでください(^^)


ここからが本題。

腸内で悪玉菌が増えると摂取したたんぱく質や脂質を分解し、アンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。これらは、腸管から吸収され、血流を介して全身へと送られます。この結果、よく現れる症状としては便秘や下痢、便の臭いや体臭、肌荒れなど。そして長い間には肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、アレルギー疾患、癌をはじめとする様々な生活習慣病の原因ともなると言われています。

悪玉菌は他にも人に悪影響を与える物質を分解します。その一つとして腸から遠くの血液脳関門(血液から脳へ不都合な物質が入らぬようにする壁)の機能を低下させて脳に悪影響も与えます。悪玉菌が多いというのも、無視できませんよね。

ではどういった理由で悪玉菌が増えるのか?

・食生活の乱れ
→野菜やたんぱく質が少ない。また、白米や砂糖、アルコール、加工食品などが多い。


・運動不足
→運動不足は胃や腸の消化能力の低下につながります。


・ストレス
→自律神経の乱れから、胃・腸の消化能力を低下させます。


本当にいろいろと理由があるのですが、大きく簡単に分けるとこの3つです。


そして、こういった過程から起こった結果は、当たり前ですが腸内環境を変えることで改善が起こります。症状にだけアプローチをしても、一緒ということです。すべてにおいてそうだと思いますが、何が起こってその結果になっているのかというのを探さなければいけません。

次回は、善玉菌を増やすには?増えるとどのようなことが起こるのか?をお話していきたいと思います(^^)




~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し!【体験パーソナルトレーニング】
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html



勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ。 【出張整体】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

にほんブログ村

2017年3月24日金曜日

4/23(日)開催 第6回アスレティックリハビリテーションセミナー

川上喬也です。

今回はセミナーのお知らせです!


【日時】
4/23(日)19:1521:45

【場所】
ココプラザ 701

【講師】
合同会社ArcX
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也



【タイトル・内容】
『復帰期のアスレティックリハビリテーションプログラムの組み方 ~ノンコンタクトスポーツ編~ 』
スポーツをしている選手にとって患部のみのリハビリテーションだけでは万全な状態でスポーツ復帰をすることは難しく、競技特性を考慮し患部外トレーニングも段階的に進め、理想としては受傷前より身体能力を高めて復帰を目指すアスレティックリハビリテーション(以下、アスリハ)が必要不可欠です。

競技レベルが高ければ高いほど復帰期ではアスリハプログラムを行いながら練習に部分的に参加することになり、より高い負荷で量も増えることになります。この中で負荷のバランスを取りながら進めていくわけですが、その競技でかかるあらゆる負荷をアスリハプログラムでも行う必要があると考えています。

「あらゆる負荷」は一般的な負荷を除くと、それは、回転(回旋)による負荷、摩擦での負荷、慣性を含めた外部からの負荷があげられ、今回は野球の内野守備、テニスのフォアハンドを中心に実技をしながら進めていきたいと思います。

これらがなぜ必要なのか、どのようにプログラムに組み込む必要があるのか、そこでのリスクなどを実技も交えて解説していきます。





【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方



【料金】
学生:4000円
一般:6000円
※途中参加、途中退室も可。
※実技も行いますので動きやすい服装でお越しください。



【定員】
15名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。


~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 【体験パーソナルトレーニング】
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html

 勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html

痛いところを治したいけど外出できない方へ。 【出張整体】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年3月13日月曜日

神経を考える ~坐骨神経~

こんばんは。
古川智章です。
前回、神経が筋肉にどのような影響を与えるか?というのを大腿神経に神経絞扼を交えてお話しました。


今回は「坐骨神経」について数回にわたり説明していきたいと思います。

まずは基礎知識として・・
坐骨神経はL4-S3神経根から分岐して、梨状筋下孔を通過後、大腿後面下部で総腓骨神経(深腓骨神経・浅腓骨神経)・脛骨神経に分岐して下腿部~足底の筋肉を支配します。

坐骨神経を意識して人の身体を評価するポイントは、
大殿筋・ハムストリングス・大内転筋・ふくらはぎ(アキレス腱)・足底の筋肉がしっかり働いているかを確認します。

※大殿筋は坐骨神経支配ではありませんが、神経絞扼にも深く関わってきますので重要な筋です!


殿筋群の評価方法は、見た目の盛り上がり方・筋繊維を押さえた時のテンション、硬さ・大転子の位置関係など力が入っているかどうかを総合的に評価していきます。

また一番わかりやすい方法は、腹臥位のまま股関節の伸展動作を行ってもらうことです。
大殿筋に力が入っていない状態だと、本人の感覚で股関節伸展動作に「やりにくさ」を感じますし、他の筋肉での代償動作も顕著です。

では、なぜ坐骨神経なのに大殿筋を確認するのか?
それは大殿筋に力が入っていない事により、主に梨状筋で股関節伸展・外旋の代償運動を
行っている可能性があるからです。

梨状筋の過緊張によって梨状筋下孔での圧迫、梨状筋と坐骨神経との癒着などにより、殿部より末端の坐骨神経が支配する筋肉に対して神経絞扼を起こしてしまいます。


大殿筋に力が入らない原因は、骨盤と脊柱の関係性の悪化・大殿筋じたいの癒着・腰方形筋による神経抑制・股関節屈筋群の過緊張・腸脛靭帯、外側広筋との癒着など原因は多岐にわたりますし、同時に複数起きている場合が多いです。また胸椎、頚椎、頭蓋骨の変位など、より中枢側に問題が潜んでいる場合もあります。

坐骨神経に対する問題点を解除した状態で、再度前述した筋群を評価し、二重・三重に神経抑制がかかっていないか評価していきます。


例えば、
◆大腿二頭筋は筋力が戻り半膜様筋は力が入っていない状態だとすると、分岐して大腿二頭筋にいく神経は問題ありませんが、半膜様筋に行く神経に問題があると考えられます。また拮抗筋や他の組織との癒着の可能性もあります。

◆ハムストリングスは改善したが、腓腹筋(アキレス腱)のテンション・筋力・筋腹が戻ってこない場合は、脛骨神経が坐骨神経から分岐した先での問題や、膝窩部・腓腹筋と他の組織との癒着などを考えます。



身体のどの筋肉まで筋力低下(働きづらい筋肉)が起きているのか情報を集め、
どこまでが正常で、どこからが問題あるのかを正確に評価しないといけません。

中枢側に問題があるのに、ずっと末端にアプローチしている状態だと巷で言われるような「やってもらって直ぐは良いけど、すぐ元に戻る」という状態に落ちいってしまいます



まずは
・その身体に起きている状態を把握すること。
・神経絞扼が起きている原因を把握すること。

これが症状改善には必要不可欠です。

しかし、筋肉を評価するのは難しく、「自分の感覚だけでは自信がない」や「力が入っていない筋肉を評価するのが難しい」と前回の【神経を考える~大腿神経】でたくさんのお声をいただきました。
こちら↓
http://arcxpl.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html?m=1



ブログの内容を詳しく口頭で説明するのは難しく、ご自身で筋肉に力が入っていない感覚をセミナー等で体験された方が、直ぐ理解できますし、何より少しやるだけでも確実に能力は伸びます。


過去に自分も辻本薫広の指導者向けパーソナルを月1-2回のペースで受けていました。

是非お時間のある方は、ジムにてセッション見学や指導者向けパーソナル、セミナー(@新大阪ココプラザ)等もございますので、是非一度ご体験ください。

セミナー情報(下記URLより、ArcXのLINE公式アカウントにご登録ください。)
http://arcxpl.blogspot.jp/2017/03/line.html?m=1

指導者向けパーソナルトレーニング↓
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html



今回は、坐骨神経の神経絞扼に対する評価方法の考え方を述べさせていただきました。
この考えが日々の活動の一助になれば幸いです。

次回も坐骨神経についてのブログを書きたいと思います。


~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html

痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
〒560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX:0797-81-0033
月~土・祝日)9:00~21:30(最終受付20:30)
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////