2017年6月8日木曜日

神経を考える。 ~坐骨神経編②~

こんばんは。
古川智章です。


前回、坐骨神経の後面のチェック方法についてお話させていただきました。
こちら↓
http://arcxpl.blogspot.jp/2017/03/blog-post.html


今回は仰臥位での身体を評価する際の考え方をお伝えしていきたいと思います。


仰臥位で大腿四頭筋・前脛骨筋が働いているか評価した際に 、例えば、
①大腿四頭筋に力が入っていないが、前脛骨筋には力が入っている。
②大腿四頭筋に力が入っていない、前脛骨筋も力が入っていない。
とします。


この情報で何が考えられるでしょうか?


ここで間違いやすいポイントは大腿四頭筋は大腿神経支配ですが、前脛骨筋は坐骨神経支配ということです。

①の場合、 大腿四頭筋は働いていないので、大腿神経に何処かで絞扼がある可能性があります(他の筋肉との癒着の可能性もあります)。前脛骨筋に関しては力が入っているので坐骨神経ラインは問題ないことになります。
② の場合、大腿神経に問題あり(前述)+ 坐骨神経ラインも問題がある状態です(癒着の可能性もあります) 。よって、身体前面を評価した際、大腿四頭筋と前脛骨筋を評価するだけで、ある程度どこの神経に問題があるのか判断できるようになります。

同時にアキレス腱・ふくらはぎ・ハムストリングス・腹筋・体幹・上肢を評価することで、どこまでが正常で、どこに問題があるのか精度を高めていきます 。ここでの評価を間違えると、神経絞扼がどこで起きているのかを発見できず、矛盾が残ったまま治療を進めていくことになります。

考えないといけないことは、
・まずは何処の筋肉が正常に働いていないか。
・その筋肉は何神経支配か。
・その神経の中枢側まで評価を行い、どこまで正常で、どこから絞扼が起きているのか

が大切になります。


余談となりますが、 ②の場合、大腿神経・坐骨神経ともに絞扼を受けている可能性があるので、より中枢側の問題点を考慮しないといけません。 ではどうやって、中枢側の問題点を発見していくのか? それは腹筋を評価します。 なぜ腹筋かというと、腹直筋は末端神経で絞扼を受ける可能性が低いため、単体で評価を行いやすいからです。判断基準は腹直筋・腹斜筋の押した際の沈み込み具合を左右差で評価していきます。どの層を評価するのかも大切です。

同時に体幹や上肢を評価して、右、もしくは左半身に力が入っていない状態(抜けている状態)だと判断した場合、頸椎の変位や後頭骨による脊髄の圧迫を疑います。 後頭骨による圧迫で半身抜けていることが多いので、我々のアプローチはまず大元である後頭骨による圧迫を解除したのち、再度、全身を評価し末端部分を治していくという流れです 。

頭蓋骨の影響は計り知れませんが、ここでは長くなりすぎて書けないので、 セミナー(@新大阪ココプラザ)・指導者向けパーソナルを定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非そちらでお願いいたします。また余裕のある方は指導者向けパーソナルで徹底的に評価方法を身に付けることをお勧めいたします。


長くなりましたが、お読みいただきありがとうございます。 この考えが日々の活動の一助になれば幸いです。




~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 【体験パーソナルトレーニング】


勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ。 【出張整体】
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年5月18日木曜日

1回のセッションで最大限の効果を。

こんにちは。
辻本薫広です。


一般の方の頭痛。
スポーツをされている方の腰椎椎間板ヘルニア。
スポーツをされている方のシンスプリント。
スポーツをされている方の持久力向上。
一般の方のぎっくり腰(当日)。


先日、ご来館された方の改善依頼でした。

最近こういう依頼が増えてきました。
ありがたいことです。

この前は頭痛・吐き気だけで3件1日あったので世間で何か起きてんじゃないのか?なんて疑う日もありました(笑)

とりあえず全て一回でだいたいオッケーでしたが、持久力に関してはすでに前回のセッションで行った下肢の問題(弾性エネルギーの再利用によるエネルギー効率など)が改善された時点で向上していたそうなので、今回は右の肋骨の動きが少ないことによる酸素供給の低下にアプローチ
簡単に書くと右の内肋間筋の過緊張と外肋間筋の抑制、その流れでスポーツ時の呼吸に対する影響力の大小は判断つかないですが斜角筋による肋骨挙上もできていない、特に体幹右回旋時の吸気に影響が強そう。

そもそもこの時点で回旋運動そのものに問題が出るのでどのみち改善すべき項目として頭に置いておく。
肋間筋による肋骨の変位や斜角筋、胸鎖乳突筋による頭蓋の変位、頚椎胸椎の変位が、脊柱の伸展筋に対しても神経的な機能低下をもたらしていたので、その辺も、確認しながらトータルでアプローチ。

肋骨を挙上する際には肋骨を上部に固定しておくための筋肉が必要なので、それを為すのが脊柱の伸展。腹筋が過緊張により肋骨の牽引をしている場合要確認。
もちろん他にも色々とあり取りきれていない情報も多々ありますが、主要な情報かなと思うものだけ優先的に評価して情報を取り問題点に関与が深そうなものから順にアプローチ、時間の許す限り。
持久力一つとっても奥が深い。
持久力の一つの要素ごとにセミナー一本簡単にできる気がします。
誰も来ないか(笑)


それにしてもぎっくり腰の当日は脳みそが疲れます。
スタスタ歩いて帰っていただけて、良かったですが。
以前に腰痛改善セミナーを行ったので真偽が問われている気分でした。



~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し!【体験パーソナルトレーニング】


勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】


痛いところを治したいけど外出できない方へ。 【出張整体】



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年5月9日火曜日

6/25(日)第7回アスレティックリハビリテーションセミナー

川上喬也です。

今回はセミナーのお知らせです!


【日時】
6/25(日)19:1521:45

【場所】
ココプラザ 803

【講師】
合同会社ArcX
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也

【タイトル・内容】
『評価したものを矛盾なくアスリハに組み込む方法  〜肩関節編〜』
視診や触診、ROM、筋力、スペシャルテストなど評価をしたが、指導するアスリハはほとんど同じ。そんな経験はありませんか?
圧痛でも、スペシャルテストの陽性反応でも、同じ理由で陽性とは限りません。言い換えると、その組織にかかっているストレスがどんな人でもすべて同じとは限らないということです。

例えば、ピッチャーで肩の前面〜側方に痛みがあり、drop arm sign,Neer's Impingement testが陽性で、インピンジメント症候群、腱板(棘上筋)損傷の可能性がある中で、フォロースルーで痛みが強いのと、コッキングで痛みが強いのとでは、陽性の理由が違うので痛めた原因は同じではないはずです。ましてや、周辺の筋力やアライメント、可動域は皆、同じなのでしょうか?これもそんなことはないはずです。
こういった情報を一つ一つ具体的にすることで、アスリハとして行わなければいけないプログラムが見えるようになります。その結果、飛躍的に痛みを減らすことが可能になります。
肩の治療やリハビリが苦手な方、成果を出せずお悩みの方、是非ご参加ください。


【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方

【料金】
学生:4000円
一般:6000円
※途中参加、途中退室も可。
※実技も行いますので動きやすい服装でお越しください。


【定員】
15名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。