2016年12月16日金曜日

物事を論理的に考えるために。

こんばんは。
辻本薫広です。
先日、フェイスブックでも話題になっていました画像です。球体がA~Eまでの人で誰に一番に当たるか、というものでした。(~診断だったので少し違うのですが)





この絵を見て、最初に怪我をするのがAのパターン、BのパターンとEまで全てにいろいろな可能性があるので、ちょっとやんちゃするものから、条件がどうなれば~、ときっちりと物理的に説明していきたいと思います。

なんとなくこうなりそうというものを一度じっくりと考えてみたり。

この写真を使われていた記事の結果の話は正直全く興味が持てないのでスルー(笑)


下に目盛りがあるので、それを使ったり、シーソーの形や、摩擦係数、反発係数、固定力、石を転がす速度などなど条件が変われば全ての人に可能性があるわけで、説明するとしたらどうなるか?


物理的にとか論理的に考えたいと思うのであればなかなかいい教材になるんじゃないでしょうか。

ヒトの体をみるときに、固定観念に囚われて視野が狭くなるのはこういうことをしていないからじゃないでしょうか?

どうやって勉強しているんですか?と本当に良く聞かれますので、こういうのも一つの解ですと。

考えられることは膨大だと思いますが、例えばAの人が最初に怪我をする場合、石を左向きに転がすというのも考えられます、そして指が挟まれたとかですね。

外部から転がすのも一つですが、A自身が左向き、つまり手前に転がすとすると、何を考える必要が出てくるでしょうか。

ものを使わないのであれば、転がりにかかる抵抗を超えられる、石と手の摩擦、もしくは、石の一番高いところを超えてその奥に手を置けるのであれば摩擦以外にも力が使えますね、詳細はここでは割愛しますが、さらに石の表面が凸凹しているのであればひっかけることができ、少し力を強くかけやすくなりますが同時に地面と石が接している形状によって転がりの抵抗はかなり変化しますね。

絵を見る限り、石の頂点を超えて手を奥に置く時、Aさん自身の重心はどこになるのか気になりますが。
足をついたまま、石を手前に転がすことができるのか、あるいは石に乗ってから左に体重をかけて転がすしかないのか、微妙なサイズですね。

どちらにせよ、手を伸ばして奥にかけなければならないかどうかは、石の重量と表面の形状や材質、状態による手との摩擦係数や凹凸によるひっかかり、転がり抵抗などの条件により変わります。
もちろん足を下に着いた状態で、手を奥に置いた時の重心が、足先から何センチ後ろにあるのかなどによりその状態で石を左に転がす力をどの程度かけられるかが決まります。

石と手の摩擦は手を石に押し付ける力でも変わり、摩擦をあげようとすると、重心がよりつま先側に、移動するので、転がり抵抗との関連が少し具体的に見えてより現実の条件が決まった時にどんな状態になる可能性があるか考えやすくなります。

例えばこの絵を見るだけでは、石が球なのか、円盤型なのかわかりませんね。
そこで、石の重量により条件が変わりうる可能性とその他の条件との関わりを的確に捉えておけば、どんな場合にも考えの範疇におさまります。
いやおさめることができるはずです。
頭の中で考える際には自身で考えられる限界まで考えれば良いのですが、出だしの一歩はこんな感じというニュアンス。

こうやってアバウトにですが全体像を捉える練習をしてから細部に入ること。
でなければ、細部の細かい話は役に立ちません。

Aの人が自身で左に転がしたら~という考え方の初めなので、これにプラスαやAの他のパターンと、それを、Eの人まで頑張れたら素敵。

毎日いろんなことに対してこうやって思考し続けて生きているから今ここにこの変な辻本薫広があります。


あくまで主にですが、
行動で変わるのは環境。
思考で変わるのは自分自身。

行動はあくまでオプション。
絶対的能力は思考で身につけるもの。
自身の力で自身の全ての世界を変えうる力。
それが思考力。

環境に依存しない成長を確立できた時が能力的自立なのかなぁと考えたりします。
依存率高すぎじゃねーかとか思いながら、いやハードルが高すぎんのかとか思いながら、答えはなし。

それはさておき、これらはヒトをみる際に必要な能力そのものだと思います。治療もリハビリもトレーニングもなんなら栄養についても考え方はそんなに変わらない気がします。


皆様も是非考えてみてください。



~宣伝~
まずはお試し 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年8月22日月曜日

9/24(土) 第4回アスレティックリハビリテーションセミナー 【大阪開催】

セミナーのご案内です。
おかげさまで弊社アスリハセミナーも4回目を迎えます。ありがとうございます。

今回は肩関節についての内容です!

 
【日時】
9/24(土)19:1521:45



【場所】
ココプラザ702(和室)



【講師】
合同会社ArcX 
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也



【タイトル・内容】

『肩のアスレティックリハビリテーション ~見落としがちなところに目を向ける~ 』


リハビリを進める中でうまくいかなかったことはありませんか?
その原因の一つとして【起こった怪我以外の潜在的な問題点が解決されていない】ということがあります。
骨アライメント変化や組織間の癒着は、その周囲の筋の機能不全を伴うことが少なくなく、リハビリがスムーズに進んでいかないという傾向があります。

肩の場合、付近の筋力低下やタイトネスが起こることで過度な肩甲骨の外転上腕骨の前方移動がよく起こる問題点として挙げられます。その結果、肩のリハビリの進行に支障が出てしまいます。

本セミナーでは僧帽筋、広背筋、大円筋、大胸筋、小胸筋、三角筋、棘下筋などをターゲットに筋肉の観点から解決することを目的とし、皆様が普段の業務での治療やリハビリテーションの進行がスムーズになることを目指します。


【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方


【料金】
学生:4000円
一般:6000円
※途中参加、途中退室も可。


【定員】
15名

参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。




~宣伝~

まずはお試し 体験パーソナルトレーニング



勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング



痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年8月16日火曜日

高校野球

こんにちは(^_^)

暑い日が続きますね。

少し前ですが、7/24に全国高校野球選手権大阪大会の4回戦がありました。

弊社がサポートしております桃山学院高校は2015年秋の覇者大商大堺高校を破り、挑んだ4回戦。

勝てばベスト16でしたが残念ながら負けてしまいました。


桃山学院 9-10 北摂つばさ


桃山学院高校硬式野球部3年生の皆さま、お疲れ様でした。
夏は残念ながらここで終わりましたが次は秋季大会に向けて気持ち新たにサポートしていきたいと思います。

※画像はSNSよりお借りしました。




~宣伝~

まずはお試し 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html
 

勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////





怪我の評価

こんにちは!

川上喬也です。

タイトルにもありますが、先日、トレーナーの友人と【怪我の評価】について話をしていました。

私たちは、どこか痛みがあった場合、何が損傷しているのか、何が原因で痛みが出ているのかなどを調べ、そして改善させるためにストレッチやトレーニングを指導をするわけですが。
この評価ができないとストレッチの指導もトレーニングも的確な指導ができません。なぜ的確にできないかというと、痛い理由がわからないと改善させる方法もわからないからです。

僕自身、この仕事をしていて自分の怪我の評価が正しいものだと思い込まないために気をつけていることが2つあります。

1つ目。
情報を論理的に、具体的にすること。これはまた後々、ブログに書きたいと思います(笑)

2つ目。
それは、『自分の評価が間違っていると証明するものを考え、探すこと』です。

そしてその『自分の評価が間違っていると証明するもの』を否定出来れば、自分の評価が正しかった可能性が高まります。

当たり前ですが、正しいことを証明するための情報ばかり集めては正確な評価はできない。と個人的に思っています。





~宣伝~

まずはお試し 体験パーソナルトレーニング


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


にほんブログ村

2016年8月1日月曜日

機能改善セミナー 「膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ」

セミナーのご案内です!!

【日時】
8月7日(日)16時00分~19時00分

【場所】
 南谷クリニック南館2階メディカルフィットネスエムズ
 
【講師】
 合同会社ArcX
 辻本 薫広
 
【タイトル】
 
「膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ」


【内容】

講義では、
・慢性障害の力学的考察
・膝周囲慢性障害の機能解剖学的考察
・評価理論とポイント(視診、触診、動作分析、神経絞扼)
 
実技では
・評価及び徒手療法の実技
 

を行います。
慢性障害といえば「使いすぎ」と言われることが多いですが、特定の組織に対して過負荷がかかった結果だと考えます。
過負荷には頻度が高ぎることと衝撃が大きすぎることがあげられます。
・頻度が高すぎるのは本来負荷がかかる必要がない場面でも使われていること。
・衝撃が大き過ぎるのは、ショックを吸収する機構が使われていない、または機能していないこと。
・負荷を受ける組織に偏りがある(少ない組織で負荷を受けている)こと。

などがあげられます。
そしてそれらが起こる理由の多くは筋の機能不全による動的アライメントの変化によるものです。
 
今回は、膝の慢性障害について力学的考察と機能解剖学をもとに問題抽出と改善まで矛盾なく道筋を立ててアプローチする方法を学び、実践していただきます。
例えば膝蓋靭帯炎であれば、内側広筋か外側広筋が機能低下している、あるいはハムストリングスのどれかが機能低下を起こしている場合が多くあります。
働きすぎたことで疲労した組織ではなく、働かないことで負担を他の組織に受けさせた筋を探し、機能低下を起こした原因を解除します。
そうすることで膝蓋靭帯への負荷の偏りを無くし根本的解決を目指します。
 
今回は特に膝との関連が強い、足部と下腿も含めて、腱のテンションや関節の抵抗から筋の状態を評価し、機能低下を起こしている筋を特定していただきます。
その後、機能低下を起こしている理由とその改善方法も実践していただき、その場で筋の機能が回復することを体感していただきます。
 
 
 
 
 
【対象】
・理学療法士、アスレティックトレーナー、スポーツドクター、柔道整復師、鍼灸師、医療系の学生
・ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方など

【料金】
 8000円(当日受付にて現金でお支払いください)
【定員】
15名

参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.htmlにて申し込みををお願い致します。
 
※実技を含みますので動きやすい服装でお越しください。お着替えが必要な場合は更衣室をご利用いただけます。


~宣伝~
指導者向けパーソナルトレーニング

出張整体


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年7月19日火曜日

アークスの出張整体

こんにちは! 古川智章です。 



先日、自己紹介させていただきましたが、今回は僕がメインで行っている出張整体診療のご紹介です。 

自己紹介はこちら↓


今、抱えている痛みが無くなれば何がしたいですか?何ができますか?
「膝、股関節が痛くて長時間歩けない」

「正座ができない」

「腰が痛くて夜に熟睡できない」

「治療所に行きたいけど、痛みのために行けない」

「自宅に帰ってくるのが遅く、思う様に治療を受けられない」

「治療に通い続けているが、ずっと変化がない」

など、満足にご自身の身体のケアをできていない方対象に出張整体治療をさせていただいております。


【施術内容】
整体・鍼灸・運動療法の3本の軸で、その場しのぎのマッサージでなく痛みの原因、根本からの改善を行っています。


 ◆整体◆ 

骨盤・股関節・膝など関節の捻じれを考え、筋肉の状態を確認していきます。
解剖学的・運動学的に考え、衝撃などは加えずに正しい方向に誘導することで関節を正しい位置に戻し、本来の体の動きに戻します。  


 ◆鍼灸◆  ※希望者のみ施術いたします。

使い捨ての鍼を用い、東洋医学的に体の自然治癒力を高めるアプローチをしていきます。鍼灸治療に対して不安や恐怖感がある方に対して強制しておりません。不明な点があれば、一度ご相談ください。 


◆運動療法◆  

自宅でできる簡単なトレーニングやセルフケアをご紹介させていただきます。 体を大きくするようなトレーニングは行いません。機能的な身体を維持するために運動を行います。その方にあった強度で行いますので、運動が苦手な方でも安心してください。   
※施術後に本来の動きを取り戻した体をキープするために、ご希望の方には簡単な運動をご指導いたします。  









【受付時間・料金】

◆受付時間◆ 

火・木 9:0021:00 
※最終受付20:00  


◆直通連絡先◆
090-6823-3699


◆場所◆ 

自宅・または出張所(応相談)  


◆料金◆ 

初診料 1,000(税込
施術代 9,000(税込)  1回約60 
4回券  33,000(税込)  
※移動費込み
※材料費込み



~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html








///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////


2016年7月16日土曜日

新しいスタッフ

はじめまして!

この度、合同会社ArcXで働くことになりました古川 智章(ふるかわ としあき)です。



簡単ではありますが、自己紹介させていただきます!

保有資格は鍼灸師柔道整復師(整骨院の先生の資格)です。 鍼灸師免許取得後、整骨院に勤務しながら、柔道整復師の専門学校に通い、計6年も専門学校のお世話になりました。
整骨院勤務では、スポーツ選手を対象にした整骨院だったので地元のクラブ選手や社会人でプレーしている方など多種多様な方が来院され、数多くの外傷を診てきました。 またご年配の方も多く来院され、スポーツ外傷だけで無く、加齢による痛みなど、幅広い年齢層の痛みと向き合い、多くの経験と知識を得ることができました。
他にもトレーナー業務にも携わっており、公立中学校サッカー部を経て、現在は近畿大学附属高校サッカー部に帯同させていただいております(2012~)自分自身サッカーをしていたので、今でもサッカーに関われることは幸せです。入学してきた生徒の学年が上がるにつれ、プレーの技術だけで無く、考え方や行動・全てが変わっていくことが本当に素晴らしく、生徒に無限の可能性を感じます。しかし中には、怪我で長期離脱する選手、大学でプレーするのを諦める選手を目の当たりにし、自分の力不足を毎年感じています。 「もっと出来ることがあるはず!」を常に考え、「人間の可能性を広げるお手伝いをさせていただいている」を主軸に活動しております。

治療の考え方として、私は触診を大切にしています。
触診とは、身体を触り状態を確認することを言います。触診は奥が深く、身体を触った時に身体から何らかのシグナルが発信され、そのシグナルをキャッチする能力を高めていくと、触った時にたくさんの発見があります。普通は、筋肉が硬い、凝っている、腫れているで評価しがちですが、私はそこから一歩踏み込んで、筋肉に力が入っていない、周りの組織と引っ付いてしまっている、他の組織から無理やり引っ張られているなどの情報を得てお身体を評価していきます。
手の感覚を高める努力を続けていると、たくさんの情報を得ることができ、評価をする時にいち早く自分の考えの矛盾点に気づくことができます。偏った情報だけでは、良い状態に近づけません。
例えば、棒が左右から伸縮性のある糸で同じ割合で引っ張られ直立しているとします。 もし仮に棒が左に傾いている状態だと、左の糸が過剰に引っ張っている様に感じます しかし、右側の糸の張力が何らかの原因で消失した結果、左側の糸は正常でありながらも引っ張ってしまっている状態だとどうでしょうか?
同じ様な事が身体でも起こります 一見、筋肉が硬く凝っている状態でも、原因は別の筋肉の力が入っていない事が多々あります。
どこが主訴の原因なのかを見極める為には、きっちりとお身体を触り分ける必要があり、私が最も得意とすることです。 きちんと触り分け、状態を把握することで、その方にとってより良い生活を送るためのお手伝いをさせていただいきます。


昔から手当てと言うように人の手には不思議な力があります もしお身体に不調のある方は是非一度ご相談いただき、一緒に人間の可能性をひろげましょう!



出張整体







///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年6月28日火曜日

7/23(土) アスリハセミナー 【腰部のアスレティックリハビリテーション~見落としがちなところに目を向ける~】


こんばんは!
トレーナーの川上です。

今回はセミナーの宣伝です!

【日時】
7/23(土)19:1521:45


【場所】
ココプラザ702(和室)


【講師】
合同会社ArcX 
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也


【タイトル・内容】
『腰部のアスレティックリハビリテーション~見落としがちなところに目を向ける~』

リハビリを進める中でうまくいかなかったことはありませんか?
その原因の一つとして【起こった怪我以外の潜在的な問題点が解決されていない】ということがあります。
骨アライメント変化や組織間の癒着は、その周囲の筋の機能不全を伴うことが少なくなく、リハビリがスムーズに進んでいかないという傾向があります。

腰部の場合、付近の筋力低下やタイトネスが起こることで過度な前彎と後彎が挙げられます。その結果、腰痛のリハビリの進行に支障が出てしまいます。

本セミナーでは腹筋群、多裂筋、腰方形筋、腸腰筋など筋肉の観点から解決することを目的とし、皆様が普段の業務での治療やリハビリテーションの進行がスムーズになることを目指します。


【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方


【料金】
学生:4000円
一般:6000円
※途中参加、途中退室も可。


【定員】
15名

参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。

2016年6月2日木曜日

6/19(日)と6/25(土)の徒手抵抗技術セミナー

セミナーのお知らせです!

【日時】
6月19日(日)19時15分~21時45分
6月25日(土)19時15分~21時45分




【場所】
KOKOPLAZA(JR新大阪駅東口より徒歩5分)702和室



【講師】
 合同会社ArcX
 辻本 薫広



【タイトル・内容】
19日(日)「機能解剖学に基づく徒手抵抗技術の習得~内側・外側広筋と半腱・半膜様筋の使い分け~」
25日(土)「機能解剖学に基づく徒手抵抗技術の習得~腰方形筋、内・外腹斜筋の使い分け~」



機能解剖学は評価(治療でもトレーニングでも)をするうえで最も信頼のおける情報になるはずです。 しかしここに機能的理解の不足や間違えた情報が含まれることで、情報の矛盾が起こったり、問題点が見えなかったり、評価の精度が落ちてしまいます。
例えば、半腱様筋と半膜様筋では使われる場面と機能が全くことなり、文字にすると同じ股関節伸展という作用に対しても、大殿筋、大内転筋などとは機能が大きく異なります。
それらの使われる筋が変わる条件を理解し物理的に条件を整えることで、可能な限り単一の筋に抵抗を加え分離するることができます。
内腹斜筋、外腹斜筋では体幹の右回旋時に左側の外腹斜筋と右側の内腹斜筋が使われると言われていますが、実際にはそれらの出力の割合を徒手のかけ方、条件を変えることでコントロールすることができます。
それらを理解するうということは結局、何故ケガが起こったのか、何故痛みを発しているのかや、トレーニング種目をどうすればどの筋が使われるのか、スポーツ動作で必要な筋との違いやスポーツ動作とトレーニングで使われる筋を近づける方法などが初めて見えてきます。
さらに技術の習得には技術に対する理論が必要であり、ただ実践をするだけでは習得できませんし他の部位への応用ができません。
そこで今回は評価で最も重要である機能解剖学に基づいて、徒手抵抗技術を物理的、解剖学的に解説し、抵抗をかける場所、前後左右回転の方向とその割合、やカウンターの当て方などについて解説し、考えていただきながら時間の許す限り実践していただきます。 ※機能解剖学と徒手抵抗技術に対してのセミナーですので、時間の都合上、障害、神経絞扼などと応用方法などについてはあまり触れないようにしますが、その分深くいきます。


【対象】
・アスレティックトレーナー、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、医療系の学生
・スポーツドクター、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方など



【料金】
 8000円
※途中参加、途中退室可。


【定員】
 12名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年4月28日木曜日

5/29(日) 機能改善セミナー 【膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ】

■主催 合同会社ArcX
■協力 メディカルフィットネスエムズ、シンクスポーツ株式会社

【日時】
5月29日(日)16時30分~20時00分


【場所】
南谷クリニック南館2階メディカルフィットネスエムズ
場所はこちらです↓

http://www.minamitani-ms.jp/アクセス/


【講師】
 合同会社ArcX
 辻本 薫広


【タイトル・内容】
 「膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ」

内容
【講義】
慢性障害の力学的考察
膝周囲慢性障害の機能解剖学的考察
評価理論とポイント(視診、触診、動作分析、神経絞扼)


【実技】
評価及び徒手療法の実技


慢性障害といえば「使いすぎ」と言われることが多いですが、特定の組織に対して過負荷がかかった結果だと考えます。

過負荷には頻度が高ぎることと衝撃が大きすぎることがあげられます。

・頻度が高すぎるのは本来負荷がかかる必要がない場面でも使われていること
・衝撃が大き過ぎるのは、ショックを吸収する機構が使われていない、または機能していないこと
・負荷を受ける組織に偏りがある(少ない組織で負荷を受けている)こと

などがあげられます。

そしてそれらが起こる理由の多くは筋の機能不全による動的アライメントの変化によるものです今回は、膝の慢性障害(膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎、鵞足炎)について力学的考察と機能解剖学をもとに問題抽出と改善まで矛盾なく道筋を立ててアプローチする方法を学び、実践していただきます。

目指すのは一度で痛みの消失ができるようになることです。


【対象】
・理学療法士、アスレティックトレーナー、スポーツドクター、柔道整復師、鍼灸師、医療系の学生
・ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方など
【料金】
 8000円(当日受付にて現金でお支払いください)

参加希望の方は
arcx.1101@gmail.comまでメールをお願い致します。


※実技を含みますので動きやすい服装でお越しください。お着替えが必要な場合は更衣室をご利用いただけます。



~宣伝~
まずはお試し【体験パーソナルトレーニング】
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html


5/21(土)膝関節・大腿部のアスレティックリハビリテーション

http://arcxpl.blogspot.jp/2016/03/521.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
兵庫県宝塚市のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年3月29日火曜日

アークストレーナーも愛用のサプリメント!! ウェルコラーゲン

こんばんは!

アークスではマルチビタミンとコラーゲンの2種類のサプリメントを販売しています。

アークスのサプリメントは有効成分が高容量含まれており、変化を体感しやすいという特徴があります。無農薬、自然素材を中心にアメリカ・日本・ヨーロッパ原産の安全で高品質な原料を使用しています。
そして低温製造(28度以下)することによって熱に弱い栄養素、酵素の活性を保っています。また、有機溶剤を一切使用しない安全な成分抽出方法を行い、一般的に添加物と言われる製造に必要な素材も全て自然由来のものを使用しております。
合成着色料や合成保存料などは一切使わないのはもちろんですが、タブレットを形成するための腑形剤、増粘剤などが必要になります。増粘剤は、脂溶性のビタミンC。その粘性を活かせるため、増粘剤として採用しました。また腑形剤は純植物繊維である「微小繊維状セルロース」を使用しています。

難しいことを書きましたが、簡単に言いますと製法にこだわった商品を扱っているということです。

本日はコラーゲンサプリメントの≪ウェルコラーゲン≫をご紹介します(^^)

いきなりですが、このサプリメントにコラーゲンは入っておりません!!

なぜか??


コラーゲンを直接摂取したとしても、コラーゲンの合成はあまり高まらず、肌などへの影響が少ないとされるからです。

コラーゲンの合成は、リジンプロリンビタミンCがどれだけ血液中に存在するかによって変化します。


リジンやプロリンはコラーゲンを作るのには必須の材料なのですが、コラーゲンを消化してもリジンやプロリンにはならず、ヒドロキシリジンやヒドロキシプロリンに大半がなっています。これらはコラーゲンの合成を高めることはありませんので、コラーゲンを直接摂取してもお肌に感じるほどの変化は起こりにくいのです。

また食品に含まれるリジンやプロリンも動物性であればコラーゲン由来の物が多いですし(ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジンとして存在)、植物性のもので多く含まれるものであっても、ゆっくりと消化されてしまうことで、血液中に高濃度のリジンとプロリンを送り込むことは出来ません。消化の必要ないアミノ酸の形で一気に吸収することでより合成が高まります。
タンパク質を十分にとっていれば不足することはまずありませんが、食事ではお肌に影響を与えるほどの効果は難しいのが現実です。サプリメントであれば追加で栄養素を摂取できますので効果を実感していただけます。






~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 体験パーソナルトレーニング
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html



勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体
http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
兵庫県宝塚市のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////