2017年1月14日土曜日

前十字靭帯損傷後のリハビリテーション

先日、ACL再建(BTB)と外側半月板縫合オペ後、退院して約2週間の選手がリハビリでアークスに来られました。

来られた時は患側に荷重することが不安でできるだけ体重をかけないようにしていたとのことで、両足のカーフレイズでもほとんど健側に荷重して行っていたそうです。

「とにかく不安、怖い」と言っていました。


“関節に対する不安感”

というのは、出力されるべき筋肉が十分な出力をせず、関節の固定力をあげていけないときに感じることが多いと経験上思っています。

出力が低下している筋肉を探っていくと
明らかに下肢の前も後ろも力が入らず筋のテンションが低い、たるんたるん。


沢山のことをやったので書ききれませんが、とりあえず大雑把には、力が入らないのは怪我や手術のせいだけではない可能性があるので、少し浮腫んでいたのもあって腸骨筋と大腰筋にアプローチをして四頭筋の力がかなり戻り、後面は、臀部もハムも下腿も力が抜けていたので、腰椎の変位を確認、それらに関連する筋にアプローチ、ついでにおかしな部位には出力できるようにしました。
外側腓腹筋と長腓骨筋あたりに徒手抵抗をかけると、腕では押し返せないほど力が入っていたので、立ち上がってもらって、

「どんな感じ?」

と聞いたら動画のようなことに!


video

まだ途中でしたので、まっすぐ上がっておりませんが、痛みが出ていたときに、回避しようとして意図的につけた歩行の癖だったようで、機能的には十分な出力があると判断したのでこの後歩行で真っ直ぐ押すよう指示を出すと出来てました。

最後の確認の歩行では、「歩いてるだけじゃどっちがオペした側なのかホンマにわからないっす」と言われていたのが印象的でした(^ ^)

筋や関節の状態がその動作に十分な機能を満たしてさえいれば違和感がほとんど無くなるということですかね。

また、勉強になりました。


~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し!【体験パーソナルトレーニング】
http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html

受講者(トレーナー、柔道整復師、鍼灸師など)から好評の【指導者向けパーソナルトレーニング】
http://arcxpl.blogspot.jp/2015/12/5_25.html



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
兵庫県宝塚市のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
近鉄河内山本駅から徒歩3分の整骨院
アークス整骨院
〒大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel090-6823-3699
581-0013
火・木・金 )10:0013:00(最終受付13:00) 15:0021:00(最終受付20:30
月・水・土 )要相談
日     )休診
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx-seikotsuin.amsstudio.jp/
Twitter;@arcx_yao
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

0 件のコメント:

コメントを投稿