ページ

2017年2月16日木曜日

神経を考える 〜大腿神経〜


古川智章です。

このブログをお読みのトレーナーやストレングスコーチ、治療家の皆様は日頃から仕事をしていくなかで、数多くの外傷や筋肉系のトラブルに遭遇するかと思います。

トラブルのどの時期に出会うかは業種によって違いますが、私は根本的に怪我の治療もパフォーマンスアップの筋力トレーニングも同じだと考えています。

手で原因にアプローチしても、筋力トレーニングで本来の正しい動きを誘導しても症状は改善していきます。どちらを選ぶかは得意、不得意があるので得意な分野を考えてのアプローチが良いと思います。


今回はツールに頼らず、自分の【手】だけで症状を改善していく考えをお伝えしていきたいと思います。


もし仮に現場や治療院で「右膝が痛いです」と言われ、評価の結果、右足の内側広筋が左に比べてプニプニで全く力が入っていない状態だとすると何を考えますか?

「力が入っていないのでトレーニング不足ですね!トレーニングしましょう!」クアドセッティング(膝下にクッションを敷いて押し潰す運動)やレッグエクステンションを指導して様子みていませんか?


それで症状改善していますか?


ArcXのよくセミナーに参加してくださる方々はご存知だと思いますが、神経絞扼が筋出力に影響があるという考えがあります。

内側広筋の支配神経は大腿神経です。この大腿神経が筋肉や軟部組織と癒着することによって、その癒着部分より遠位の支配筋肉は力が入りづらい状態に陥ります。力が入っていない筋肉が内側広筋だけなのか、大腿前面部なのか、両足を軽く滑らすように触って確認します。(力が入っていない筋肉はプニプニ感やヌルッとした感触がします)筋肉の張り感だけでなく、腱のテンション、関節の抵抗も同時にチェックしていくと精度があがります。(感覚でわからない方は、その単一筋に対して徒手抵抗をかけ、抵抗に対して耐える力や、押し返し時の関節角度の割合で判断する方法もあります。)

外側広筋と大腿直筋も同時に力が入っていない状態なのか、内側広筋だけなのかによって、大腿神経に対してアプローチする部位が変わります。

例えば、大腿部全体に力が入っていない場合は、大腿神経が大腰筋、腰方形筋の間を走行する際に何らかの抑制を受けている可能性があるので、チェックを行いアプローチします。また鼠径部に問題がある場合も多く、左右で筋の硬さなどを比較して、ひとつの情報として把握しておくことも大切です。

この際、足全体に浮腫があれば、鼠径リンパ節周辺の問題を考え解決しておきます。

内側広筋だけ力が入っていない場合は、縫工筋による圧迫や癒着、内側広筋と神経自体の癒着、内側広筋と内転筋側などとの問題がありますので、全てを考慮してアプローチしていきます。

しっかりと原因にアプローチできた場合、神経絞扼が消失し、見た目でも内側広筋の張り感が分かるほど筋肉に張り感が生まれます。また同時に内側広筋の出力不足が原因で膝関節に痛みが出現していた場合、内側広筋に力が入ることで瞬時に痛みは消失します。

神経の走行を考えながら抑制のかかりやすい部位を把握し、相反神経抑制や筋肉間同士の癒着を考え効果的に原因にアプローチします。

一人でも多くの困っている方を助けるために、この「神経絞扼」という考えが一助になれば幸いです。





~宣伝~


肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 体験パーソナルトレーニング


勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング


痛いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
http://arcx.amsstudio.jp/
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

0 件のコメント:

コメントを投稿